定年後に独立するための資格・宅地建物取引主任者

「宅地建物取引主任者」の資格は、略称「宅建」と呼ばれ、幅広い年齢層に人気があります。
受験者の1割が50歳以上という「宅地建物取引主任者」の試験は、3ヶ月〜6ヶ月程度の勉強期間で取得可能であるため、定年後に取得する人も増えてきました。
合格率はここのところ10年以上15%前後で推移しており、他の国家資格に比べ取得しやすくなっています。

「宅地建物取引主任者」は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格ですが、不動産業界では、事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くよう義務づけられています。
注意しなければならないのは、宅建業として独立・開業するには、宅建業法により「宅建業を継続して行える機能を持ち、事務所として独立している」と判断できる事務所が必要と定められている点です。
そのため、定年後に宅建業として独立する場合も、事務所を建てたり、店舗やテナントを賃貸するなど、ある程度の設備投資が必要になります。

宅地建物取引主任者の資格試験概要

「宅地建物取引主任者」の資格試験は、3ヶ月〜6ヶ月程度の比較的短期間の勉強後に受験して取得する事も可能です。受験資格は特になく、年齢、性別、学歴などに関係なく誰でも受験する事ができます。

●試験実施日:10月の第3日曜日
●試験内容
宅地建物取引主任者の試験は四肢択一式のマークシート式で2時間の試験時間内に、次のような内容の問題が50問出題されます。
 ・ 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。  
 ・ 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。  
 ・ 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
 ・ 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。  
 ・ 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。 
 ・ 宅地及び建物の価格の評定に関すること。 
 ・宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。  

●受験費用:7,000円
●合格率:15%前後
●試験会場:全国各地
詳しくは下記の(財)不動産適正取引推進機構試験部のホームページをごらんください。

[問い合わせ先]
試験機関 (財)不動産適正取引推進機構試験部
〒105-000 東京都港区虎ノ門3-8-21 
ホームページ http://www.retio.or.jp

宅地建物取引主任者の資格を生かすには

「宅地建物取引主任者」の資格は国家試験の中では比較的容易に取得する事ができますが、独立・開業をする場合はある程度の準備が必要です。
資格取得後は、2年以上の実務経験を積むか、(財)不動産流通近代化センターの行う実習(通信とスクーリング)を受けます。
登録実務講習の詳細は、(財)不動産流通近代化センターのホームページをごらんください。

  (財)不動産流通近代化センター
    http://www.kindaika.jp

その後、都道府県知事に主任者証の交付を申請し、「宅地建物主任者証」の登録を受けます。(「宅地建物主任者証」は、5年ごとに更新が必要です。)
開業する時は、都道府県知事、または国土交通大臣から「宅地建物取引業」の免許の交付を受けるため、申請を行います。
免許の交付を受けた後、事務所を構えて宅建業として独立開業します。



スポンサーリンク