定年後に独立するための資格・土地家屋調査士

「土地家屋調査士」は、不動産登記業務のうち「表示に関する登記」を独占的に行う国家資格です。

具体的には、依頼人の土地や建物を調査、測量して図面を作成し、不動産の表示に関する登記の申請手続きを行います。不動産は登記して始めて所有者が権利を主張して財産を守る事ができるものなので、「土地家屋調査士」の役割は、社会的責任も大きく何よりも顧客から信頼される事が大切です。
「土地家屋調査士」の資格取得後は、事務所を構えて独立する人が多く、不動産登記の専門家として、高い評価が得られ、高収入を得る事も可能です。
土地家屋調査士会連合会調べでは、全国の土地家屋調査士の年収の平均は、1,000万円以上に達しているとの事です。

土地家屋調査士の資格試験概要

「土地家屋調査士」の受験資格は、特にありませんので、年齢、性別、学歴に関係なく誰でも受験できます。ただし、口述試験は、筆記試験合格者のみが受験可能です。

●試験実施日
 ・ 筆記試験・・・・毎年1回、8月の第3日曜
 ・口述試験(筆記試験合格者のみ)・・・・11月上旬〜中旬

●試験内容
土地家屋調査士の試験は午前と午後の筆記試験と、別日程による口述試験に分けられます。
 ・筆記試験 (一次試験:午前に行われます)
 ・筆記試験(二次試験:午後に行われます)
※測量士、測量士補、建築士(一級・二級)の有資格者は、午後の試験は免除されます。
 ・口述試験:筆記試験の合格者に対して行われます。


●合格率:6%〜8%

●試験地
 ・筆記試験・・・管区法務局又は地方法務局がそれぞれ指定した場所
 ・口述試験 ・・・ 管区法務局ごとに、それぞれの局が指定した場所
※詳しくは下記の「法務省ホームページ」をごらんください。

[問い合わせ先]
法務省ホームページ(資格試験のページ)
URL http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html

土地家屋調査士の資格を生かすには

資格取得後は、「土地家屋調査士会」に入会する事により、「土地家屋調査士」を名のることができるようになりますので、事務所を構えて独立・開業する事ができます。


「土地家屋調査士」は、独占的な権限が多いため、比較的独立がしやすい資格であり、実際に独立して活躍している方がたくさんいます。

また、土地家屋調査士は表示に関する登記を行いますが、司法書士の資格があると権利に関する登記も行う事ができるようになるので、併せて取得しておくと、独立・開業にも有利になります。



スポンサーリンク