定年後に趣味を楽しむための資格・アロマテラピー検定

「アロマテラピー」とは、フランスで生まれた自然療法・植物療法です。
植物のアロマ精油(エッセンシャルオイル)を使用して、リラクセーションやストレスケア 、美容や健康維持などに役立てようとするものです。
「アロマテラピー検定」は、このアロマテラピーの専門家になるための民間資格です。

ストレスの多い現代社会では、このような癒し関連の資格が注目を集めており、これからもますます需要が増えて行くものと思われます。

「アロマテラピー検定」の受験資格は特にありませんので、誰でも受験する事ができます。
また、合格率も90%となっており、非常に取得しやすい資格となっています。

定年後の趣味を楽しむために取得したり、また上位の資格を取得してアドバイザーやインストラクターとして活躍する事もできます。

アロマテラピー検定の資格試験概要

「アロマテラピー検定」の受験資格に制限はありませんので、学歴・年齢・性別・国籍にかかわらず誰でも受験できます。

●受験日:5月、11月


●試験会場:全国各地で開催


●試験内容
「アロマテラピー検定2級」の試験内容は、「香りテスト・アロマテラピーの利用法・安全のための注意・精油のプロフィール(対象10種類)・精油の基礎知識・アロマテラピーの歴史」などとなっています。
「アロマテラピー検定1級」の試験内容は、2級の内容に「アロマテラピー利用法と基材・精油のプロフィール(対象20種類)・精油が働くしくみ・ストレスや疲労に負けない健康学・アロマテラピーに関係する法律」が加えられます。

●合格率: 1級・2級共に約90%

[問い合わせ先]
(社)日本アロマ環境協会(AEAJ)
URL http://www.aromakankyo.or.jp



アロマテラピー検定の資格を生かすには

「アロマテラピー検定」はアロマの世界を深く知る事により、自身の美容や健康に役立てたり、趣味として楽しむ事ができます。
定年後に勤める事が可能な方はアロマテラピー関連のショップに勤める事もできます。
また、さらに上位の「アロマテラピーアドバイザー・インストラクター、アロマセラピスト」などの資格を取得して、アロマ関連スクールの講師になったり、自分でショップを経営したり、スクールを経営したりという道も開けます。
「自然療法・植物療法」や「癒し」というものに興味があり、趣味と実益を兼ねる資格を取得したいという方は検討してみてください。



スポンサーリンク