定年後に再就職するための資格・フォークリフト運転者

「フォークリフト運転者」の資格は、定年後に再就職をしたいという方にとって大きな武器になる国家資格です。「フォークリフト運転者」の求人募集は年間を通して行われており、年齢制限もさほど厳しくなく、働く場所も一般工場の他、ホームセンターなどの小売店、運送会社、倉庫関連会社、貨物駅、港湾など多種多様にあるからです。

また、企業により資格手当てや技能手当てを出すところもあります。

定年後に再就職した場合、フォークリフト運転者の仕事は契約社員やアルバイト、パートなど、色々な働き方を選択する事もできます。

従来は、男性の取得者が多かった「フォークリフト運転者」の資格ですが、最近では女性の取得者も増えて来ています。

フォークリフト運転者の資格試験概要

「フォークリフト運転者」の資格を取得するには、「フォークリフト技能講習」を受ける必要があります。技能講習を受け、修了試験に合格すると「フォークリフト運転技能講習修了証」というものが発行されますが、これが一般に「免許」と呼ばれているものです。
この「フォークリフト技能講習」は、18歳以上であれば誰でも受ける事ができます。

フォークリフトの技能講習は、国が認めた登録教習機関によって行われていますが、各地の労働基準局、自動車教習所やコマツなどの民間企業でも行っています。

〔フォークリフト技能講習の受講日数〕
「フォークリフト運転技能講習」は、受講時にすでに取得している免許により、受講時間、日数が異なります。
・無資格の場合・・・5日程度(学科11時間・実技24時間)
・普通自動車の免許取得者・・・4〜5日程度
・大型特殊免許取得者・・・2日程度。

「フォークリフト運転技能講習」には、学科、実技ともそれぞれ修了試験があり、両方に合格した者に修了証が交付される事になっています。
〔学科講習〕
・フォークリフトの走行に関する装置及び取扱いに関する知識(4時間以上)
・フォークリフトの荷役に関する装置の構造及び取扱い方法に関する知識(4時間以上)
・フォークリフトの運転知識(2時間以上)
・関係法令(1時間以上)

〔実技講習〕
・フォークリフトの走行の操作(20時間以上)
・フォークリフトの荷役の操作(4時間以上)
※普通免許以上の所有者や3ヶ月以上のフォークリフト運転経験者は一部免除されます。

[受講場所]
教習機関により、異なります。
詳細は、各教習機関にお問い合わせください。

[受講料]
 15,000円〜50,000円程度
※科目免除や各指定教習機関により異なります。普通自動車免許取得者の場合、費用は4万円前後が多いようですが、詳細は各教習機関にお問い合わせください。

[合格率]
95%以上。
「フォークリフト運転技能講習」をきちんと受講し、修了試験に合格すれば、ほとんどの人が取得可能です。講習は試験に落とすことが目的ではなく、あくまでも安全な運転・操作に主眼をおいているからです。

[問い合わせ先]
各都道府県労働局安全課
労働基準監督署
各都道府県の労働基準協会
陸上貨物運送事業労働災害防止協会

フォークリフト運転者の資格を生かすには

最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転するには、「フォークリフト運転者」の資格が必ず必要になります。そのため製造関係、物流関係、工場関係、運輸関係の企業では、慢性的に人材が不足しているのが現状です。

「フォークリフト運転者」は、一般に時給も高めなので、定年後の再就職を目指す方には是非取得して欲しい資格です。就業形態も契約社員やパート、アルバイトなど色々な形で仕事をする事ができ、また長く働く事もできます。


※フォークリフトで一般の公道を走る場合は、フォークリフトの免許とは別に「大型特殊免許」が必要になりますので、注意してください。


スポンサーリンク