定年後に再就職するための資格・ボイラー技士

定年後に再就職をする場合に有利な資格として、「ボイラー技士」の国家資格があります。ボイラー技士は、工場や事務所の他、病院や学校、一般のビルなど空調設備のある建物でボイラーの点検や安全管理を行うのが主な業務です。

軽作業が中心である事と、一度取得しておけば長く働く事も可能な仕事であるため、特に中高年齢層に人気のある資格となっています。
「ボイラー技士」の求人は、年間を通して行われており、資格を持っていれば定年後の再就職も有利になり、また資格手当てがつく事も多いようです。

ボイラー技士の資格試験概要

ボイラー技士は、伝熱面積により、特級、1級、2級の3つの資格に分けられています。
● 特級ボイラー技士
全ての規模のボイラー取扱作業主任者となることができます。
● 1級ボイラー技士
伝熱面積の合計が500u未満のボイラー取扱作業主任者となることができます。
● 2級ボイラー技士
伝熱面積の合計が25u未満のボイラー取扱作業主任者となることができます。

[受験資格]
ボイラー技士2級の試験は、初心者や実務経験のない人でも、受験前に所定の実技講習を修了するだけで、誰でも受験できます。
※日本ボイラー協会が行うボイラー実技講習は、各都道府県で開催されています。講習日程などの詳細については、日本ボイラー協会各都道府県支部などにお問合せください。  
  
[試験実施日]
・特級ボイラー 技士試験・・・年1回 (1級ボイラー技士の合格者が受験可能)
・1級ボイラー 技士試験・・・年6回 (2級ボイラー技士の合格者が受験可能)
・2級ボイラー 技士試験・・・月1回 (実技講習修了者が受験可能)
※その年のボイラー技士の試験日程の詳細は、北海道,東北,関東,中部,近畿,中四国,九州の各安全衛生技術センターが発表しますので、ご確認ください。

[ボイラー技士2級の試験内容]
試験形式は択一式で40問出題されます(試験時間は3時間)。

・ボイラーの構造に関する知識
・ボイラーの取扱いに関する知識
・燃料及び燃焼に関する知識
・関係法令
※試験はペーパーテストのみで実技試験や面接試験はありません。

[試験会場]
北海道、東北,関東、中部、近畿、中四国、九州の各安全衛生技術試験センター


〔合格率〕

特級:30%前後、1級:40%前後、2級:50%程度。


[問い合わせ先]
(財)安全衛生技術試験協会 
   電 話:03-5275-1088 
URL http://www.exam.or.jp

ボイラー技士の資格を生かすには

「ボイラー技士」の求人は、さほど年齢制限も厳しくなく、年間を通して募集が行われています。仕事の内容は、ボイラー関連のものに限られますが、上位資格になるほど作業主任者になるチャンスもあり、収入アップも期待できます。

また、企業や会社によっては、資格手当てが出るところもあります。

「ボイラー技士」の資格の他、「ボイラー整備士」などの関連資格も併せて取得しておくとさらに有利になります。


スポンサーリンク